公務員になるには

景気が不安定になればなるほど、人気の高くなる職業がありますが、その中でも公務員は政府という強い後ろ盾が付いているために、非常に人気になり易い職業と言えるでしょう。公務員は景気が悪くなっても、会社がつぶれることはなく、安定した収入が得られる業種でもあります。収入の他にも保証も手厚い事が知られており、いつの時代も安定した人気を誇る職業と言えます。

仕事内容に関しても、比較的飛びぬけた手腕も必要とせず、企業の方針に従って行動をしますので、ある程度マニュアル通りに進めていけば、仕事も上手く回せて行けるという側面も持っています。しかし、公務員にも色々あり、同じ公務員とってもその即種には大きな幅があります。基本的に公務員は国または地方自治体で働く職員全般ことを指しており、「国家公務員」は、国の各機関の職員や特定独立行政法人の役員を指しており、この中で約半分の比率が自衛官になっているのです。

また、地方自治体の公共団体の職員や特定地方独立行政法人の役員ならび職員を「地方公務員」といって区別されています。また、公務員としての特別職などもあり、国民から選ばれる議員や司法と立法の各部門の職業も特別職となっています。また、職員国際機関等の公務公務員などの職業もあります。したがって、一般的に公務員と呼ばれるものは一般職が多く、公務員になる為には、公務員試験を受けこれに受かる事が、この職種への道となっているのです。