公務員試験

まず、公務員になる為には、公務員の採用試験を受ける必要があり、これに合格した後に採用されるという行程を歩む事になります。しかし、この採用試験には、国の国家公務員や県庁および市役所などの、地方公務員や警察官に消防官といった専門職種もあり、その分採用試験の種類の内容が多いのです。

公務員の職種には一般職が多く、役所などの公共団体の職員や、特定地方独立行政法人の事務職員だけではなく、技術職員を含めて警察官や消防吏員、または海上保安官や教員などもこの一般職に含まれているのです。また区分によっても分けられており、一般職の中でも行政事務に携わる者は「行政職」になります。そして、法律や経済などの区分から事務系職員、土木や建築に機械工学や農業などの区分にも分けられています。

また、高度な技術をもつ職には植物防疫官や家畜防疫官、特許庁審査官に船舶検査官や航空管制官などの専門分野に分けられます。国税庁で租税の徴収などの業務を行う職種には税務職があり、教育職は教員ですが教育委員会や学校などの一般事務業務を行う者は、行政職として区別されているのです。他にも医療職や研究職、公安職などが一般職の区分に中に含まれているわけです。